【セCS】巨人・菅野が5失点KOも前を向く「振り返っても仕方がない」

2021年11月11日 22時01分

厳しい表情の菅野(東スポWeb)
厳しい表情の菅野(東スポWeb)

 巨人・菅野智之投手(32)が11日のヤクルトとのCSファイナルステージ第2戦(神宮)に中4日で先発し、6回途中5失点(自責1)でKOされた。

 何とも言えない複雑な表情を浮かべながらマウンドを降りた。5回まで1点で抑えたが、6回に暗転した。まずは村上の左前打を滑り込みながら捕球しようとした左翼手のウィーラーが後逸(記録は二塁打)。続くサンタナのゴロをさばいた遊撃手の坂本は一塁へ悪送球…。これではリズムに乗れない。

 さらに、ベンチが取った満塁策も誤算となった。二死二、三塁から原監督は次打者の西浦を申告敬遠で歩かせ、すべての塁を埋めた。菅野も代打・川端を2ストライクと追い込んだが、粘られて7球目の直球が外角に大きく外れて痛恨の押し出し四球だ。僅差の展開で致命的な追加点を献上し、続く塩見に左中間を真っ二つに破る3点適時三塁打を浴びて大勢が決した。

 打線の援護は0点。12日の第3戦に敗れるか、引き分けで下克上への道は完全に断たれる。降板後、菅野は「今日のことを振り返っても仕方がないので、前だけを見て次登板する機会に向けてしっかり調整します」と話した。望みは最後まで捨てないが、チームは極めて厳しい状況に追い込まれた。

関連タグ:

ピックアップ