【セCS】ヤクルトが完勝 高津監督「どんどんスイング、腕を振るということはできたのかな」

2021年11月10日 23時39分

奥川(左)を迎えるヤクルト
奥川(左)を迎えるヤクルト

 投打で圧倒した。ヤクルトはCSファイナル初戦の巨人戦(神宮)に4―0で完封勝ち。先発の奥川が6安打、無四球でプロ初完投初完封を見せ、打線も少ないチャンスを確実にものにした。優勝アドバンテージも含めてチームは2勝目を挙げた。

 高津監督は奥川について「こうして最後まで投げ切るイメージはしてなかったですけども、非常に少ない球数でどんどん勝負をしていった結果が最後まで投げ切ることができたのかな」と話した。練習前には「受け身になるな」とナインを鼓舞した指揮官は「思い切ってプレーができたらそれでいいかなと。委縮してとか縮こまってとか、そういうプレーだけはしてほしくなかった」とその意図を説明。「どんどんスイングしていく、腕を振っていくというところはできたのかなと思います」と話した。

関連タグ:

ピックアップ