新庄監督が清宮に論理的ダイエット指令「痩せて飛距離が落ちれば食って戻せばいいだけ」

2021年11月09日 17時46分

新庄監督(左)は清宮にダイエットのススメ(東スポWeb)
新庄監督(左)は清宮にダイエットのススメ(東スポWeb)

 日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が悩める4年目スラッガー・清宮幸太郎内野手(22)にダイエット指令を出したことを語った。

 9日、沖縄・国頭秋季キャンプ2日目の視察を終えた指揮官は、練習中に清宮を呼び止め話した会話の内容についてこう語った。

「ちょっとデブじゃね? ちょっと痩せないって。そしたら『痩せてしまったら打球が飛ばなくなるのが怖い』と言われたんで、いやいや、変えないと…。今もそんなに打球飛んでないよと。昔の方がもっと飛んでいた。昔の方がスリムじゃなかった? それは(体に)キレがあったから。今はちょっとキレがない気がするから痩せてみよう。痩せた方がモテるよ、カッコいいよ。やっぱりスタイルのいい野球選手がベストでしょ」

 こう清宮に提案したという新庄ビッグボス。その効能について「ちょっとポチャッとしているから、人間的にもダイエットをするとものすごく精神的に鍛えられる」といい、失敗した場合のリスクについても「もし、痩せて飛距離が下がったら、めちゃめちゃ食って戻せばいいだけ。とりあえずトライしてみようかという話をしました」と言い含めたという。

 非常に論理的で選手にとって必要な変化を考えた末の新庄流提案。尻に火の付いているハズの清宮の変化が注目される。

関連タグ:
 

ピックアップ