【セCS】巨人の代役4番・丸がファイナル進出に貢献 岡本和の復帰へ「1試合でも多くやれれば」

2021年11月07日 20時08分

4回、守備でも好捕を見せた巨人・丸(東スポWeb)
4回、守備でも好捕を見せた巨人・丸(東スポWeb)

 巨人の代役4番・丸佳浩外野手(32)が攻守で大活躍。チームをCSファイナルへ導いた。

 クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦・阪神―巨人戦(7日、甲子園)に「4番・中堅」で出場した丸は、3回二死満塁で逆転の2点タイムリー。さらに1点リードの8回無死一塁では絶妙のセーフティーバントで追加点につなげた。守備でも4回一死一塁で近本の当たりをダイビングキャッチ。好守で躍動し、4―2の勝利に貢献した。

 原監督は「守備でも非常にいい守備をしていましたし、(チームを)けん引してくれましたね」と背番号8に最敬礼だった。

 お立ち台で丸は「本来、4番は(岡本)和真がいる打順。悔しい思いをしながらボクたちのことを応援してくれている」と左わき腹痛で欠場の4番を思いやると「(岡本和は)今は調整を頑張ってくれているので、1試合でも多くやれれば、その分、可能性も広がる」と復帰を願った。

 ヤクルトとのCSファイナルに向け、「挑戦者の気持ちを持って立ち向かっていきたいと思います」と意気込んだ丸がチームを日本一まで引っ張れるか。

関連タグ:
 

ピックアップ