【セCS】巨人・鍵谷が〝魂の5球〟で火消し! 二死満塁の大ピンチでマルテ斬り

2021年11月07日 17時17分

力投する鍵谷陽平(東スポWeb)
力投する鍵谷陽平(東スポWeb)

 巨人・鍵谷陽平投手(31)が大仕事だ。7日の阪神とのCSファーストステージ第2戦(甲子園)の5番手として登板し、二死満塁のピンチを切り抜けた。

 出番が巡ってきたのは、わずか1点リードの6回裏。4番手の高梨が1安打2四球を許し、すべての塁が埋まっての場面だった。しかも、打席に迎えたの4番のマルテだ。敵地が1球ごとのストライク、ボールの判定で異様な盛り上がりをみせる中、カウント1―2まで追い込み、5球目は外角低めへの145キロ直球。打球は平凡な三ゴロとなり、鍵谷はグラブを叩いて大絶叫した。

 投手陣は初回から一度も三者凡退はなく、毎回走者を背負う苦しい展開となっているが、どうにか踏ん張り続けている

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ