【セCS】巨人・ウィーラーが天敵・高橋からあわや本塁打の2点適時二塁打 塁上でガッツポーズ

2021年11月06日 16時02分

貴重な一打を放った巨人・ウィーラーはこの表情(東スポWeb)
貴重な一打を放った巨人・ウィーラーはこの表情(東スポWeb)

 巨人の〝ハッスル男〟がやってくれた。

 クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦・阪神―巨人戦(6日、甲子園)で1点リードの6回二死一、二塁でウィーラーが虎先発・高橋の初球138キロ低めツーシームをフルスイング。あわや本塁打の大飛球は中堅フェンスを直撃。貴重な2点を追加した。

「5番左翼」で出場したウィーラーは、5回無死一塁で来日7年目で初となる犠打を決め先制点を演出。何よりもチームの勝利を最優先する助っ人は、気分よく打席へ。シーズンで16イニング無得点に抑えられた〝天敵〟高橋をバットで粉砕した。

「大事な試合を楽しみにしている」と話していたウィーラー。好投を続けるエース菅野を〝ハッスル男〟がバットで盛り立てた。

関連タグ: