広島・堂林が国内FA行使せず残留 今季は打率2割届かず

2021年11月05日 18時10分

広島・堂林(東スポWeb)
広島・堂林(東スポWeb)

 早期決着だ。広島は5日に今年、国内フリーエージェント(FA)権を取得した堂林翔太内野手(30)が権利を行使せず残留すると発表した。

 堂林は中京大中京(愛知)のエースで4番として2009年の夏の甲子園で優勝。同年のドラフトで広島に2位で指名されて入団した。

 プロ3年目の12年に開幕戦で一軍デビューし、全144試合に出場。今年まで10年連続で一軍出場を果たしている。

 昨年は111試合で自己最高の打率2割7分9厘、最多タイの14本塁打、自己最多の58打点を記録したが、12年目の今季は70試合の出場にとどまり打率1割9分、0本塁打、5打点だった。

関連タグ:

ピックアップ