巨人・亀井が有終の美飾るべくCSへ「最後に良いところ見せたい」

2021年11月04日 16時24分

練習する亀井(東スポWeb)
練習する亀井(東スポWeb)

 巨人の亀井善行外野手(39)が4日に、6日から行われるCSファーストステージ・阪神戦(甲子園)に向けた意気込みを語った。

 CS前最後の東京ドームでの練習を終えた亀井は「明日になって(気持ちは)もっと高まってくると思う。しっかり気持ちだけは100%、120%にもっていかないといけない」と率直な心境を告白。今季限りでの現役引退を表明している亀井にとっては今年が選手としては最後のCS出場となるが「(引退ということで)1回気持ちがガタンと落ちたところでまた戻すっていうのは難しいところなんだけど。最後のCSになるわけだし、最後に良いところを見せたい。しっかり準備だけはしたいなと思いますね」と強く意気込んだ。

 百戦錬磨の男だからこそ、攻略の糸口は見えている。「もう受け身にならないことじゃないですか。自分もいろいろなところでやらせてもらったんですけどね、やっぱり不安から入るんでね。とにかく仕掛けていくしかない。とにかく攻撃的にやらなきゃいけないとは思っていますけど」。有終の美を飾るため、ベテランが最後の戦いへ歩を進める。

関連タグ:
 

ピックアップ