阪神・近本が2週間ぶり実戦で動き軽快「普段通りに動けていた」

2021年11月03日 16時54分

阪神・近本(東スポWeb)
阪神・近本(東スポWeb)

 阪神・近本光司外野手(26)が3日の練習試合・三菱自動車倉敷戦(甲子園)の6回から代打として途中出場。遊失、中前打の内容で2打席ともに出塁。1打数1安打と一定の結果を残した。

 21日の中日戦(甲子園)で右ハムストリングを痛めた背番号5にとってこの日は約2週間ぶりの実戦出場。指名打者としての出場にとどまり、守備機会こそなかったが懸念されていた走塁面への影響は感じさせず、二度の出塁機でも軽快な動きを見せた。

 試合後、取材に応じた近本は「生きたボールを見ることもできたし、スムーズに打席に入れた。普段通りに動けていたのかなと思いましたし、走塁に関しても試合の中でできたので良かった」と手応えを口に。6日から始まるCSファーストステージ・巨人戦(甲子園)出場にも問題なしの姿勢をアピールした。

 ベンチから見守った矢野監督も「普通にやれていた。最初の段階としては打って走れるところまでできていたので、CSは大丈夫かなと。第一段階はクリアできた」と安堵の表情。4日と5日に予定されている社会人チームとの練習試合のどちらかで守備機会を与える考えを示唆した。

関連タグ:

ピックアップ