史上初5打席連続二塁打の横浜・牧秀悟に… 張本氏「記録が出りゃ必ず私はどっかに出てる」

2021年10月31日 10時26分

張本勲氏(東スポWeb)
張本勲氏(東スポWeb)

 プロ野球OBで野球評論家の張本勲氏(81)が31日、出演したTBS系「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで、自身の偉大さを〝さりげなく〟アピールした。

 この日、セ・リーグの新人王争いについて張本氏のほかゲストの立浪和義氏、司会の関口宏がトークを展開。関口が横浜の牧秀悟選手を「この人がですね、やたら2塁打を打つんですよ」と、史上初の5打席連続二塁打を打ったシーンをVTRで紹介した。

 二塁打といえば、立浪氏が日本球界歴代トップの通算487二塁打を記録しているため、関口がフリップで通算二塁打記録の上位者を紹介すると、そこには通算420二塁打で歴代7位にランクインする張本氏の名前も…。関口が「張さんも入ってますね」と張本氏を持ち上げると、張本氏は「そりゃ記録の話が出りゃ、必ず私はどっかに出てますよ」。さらに主要な歴代新人王のフリップの紹介でも自身の名前を見つけると、「やっぱり私の名前が出てるでしょ。立浪もとってるんだな!」と自画自賛した。

 辛口コメントが何かと話題になる張本氏だが、23年間のプロ野球人生で積み上げた通算3085安打は前人未到の日本プロ野球記録。そのほかにも通算打率や通算本塁打など、各記録で上位にランクインしている超大御所であることを、改めて認識させられる場面だった。

関連タグ:

ピックアップ