ソフトバンク工藤監督が退任会見 王会長がねぎらう「これからは家族サービスをね」

2021年10月27日 14時06分

退任会見で王会長(左)から花束を受け取った工藤監督
退任会見で王会長(左)から花束を受け取った工藤監督

 ソフトバンク・工藤公康監督(58)が27日、ペイペイドームで退任会見を行い、7年間の軌跡を振り返った。

「敗戦の責は将が負うものと思っていた」と、球団の続投要請を受けても一貫して変わらなかった辞任意思を説明。その上で「もっと自分が行動すべきことをやり切れなかった。チームが再スタートを切る意味でも責任を取るべきだと思った」とも語った。

 会見の最後、王貞治球団会長(81)は花束を手渡しながら「いい成績を残してくれて、お礼を言います。ありがとう。7年間は野球漬けだったね。これからは家族サービスをね」と去り行く将に労いの言葉をかけ、優しく微笑みかけた。

関連タグ:
 

ピックアップ