西武8選手戦力外で計12人を整理 渡辺GM「こういう世界なので致し方ない」

2021年10月25日 21時12分

渡辺久信GM(東スポWeb)
渡辺久信GM(東スポWeb)

 西武は25日、伊藤翔(22)、吉川光夫(33)、中塚駿太(26)、斉藤大将(26)、粟津凱士(24)の5投手、駒月仁人(28)、中熊大智(25)の2捕手と綱島龍生内野手(21)、の8選手に戦力外通告したと発表した。

 取材に応じた渡辺GMは「(吉川は)短い間だったんですけど、左の中継ぎの戦力として獲得しましたが、こういう世界なんでね、なかなか結果が出なかったというところ。致し方ないというところという感じは、みんな結果的にそうですね」と今回の決断について説明した。

 これで西武の戦力外選手は榎田大樹投手(35)、小川龍也投手(30)、多和田真三郎投手(28=育成)、大窪士夢投手(21=育成)を合わせ12人となった。

関連タグ:

ピックアップ