巨人・山口オーナーが語る来季構想「原監督と元木ヘッドと阿部くんと3人を中心に」

2021年10月23日 19時40分

巨人・山口オーナー(東スポWeb)
巨人・山口オーナー(東スポWeb)

 巨人・山口寿一オーナー(64)が本拠地最終戦となった23日のヤクルト戦(東京ドーム)後、来季も原辰徳監督(63)が続投することを明らかにした。

 山口オーナーは「来季、原辰徳監督に続投を要請をして、内諾を得ました」と明かした上で「阿部くんには来季は一軍のベンチにコーチとして入ってもらって、原監督と元木ヘッドと阿部くんと3人を中心にチームを立て直してほしいということをお願いしたいです」と具体的な構想についても言及した。

 原監督は今季が3年契約の最終年。続投を決めた最大の理由については「原監督には選手を育てながら勝ってほしいと。それと指導者も育ててほしいということをお願いしてやってきたんですけれども、その点に関してはずいぶん力を尽くしてくれていて。結果が出ていないので、いろいろ批判もあろうかと思いますけれども。私の立場からは原監督に対する信頼関係は変わっていない」と断言した。

 なお、来季以降の契約年数は「複数年と考えています」とした。

関連タグ:

ピックアップ