ヤクルト3連敗 先発・石川が20年目で自己最短0回1/3でKO

2021年10月23日 17時43分

降板するヤクルト・石川(左)東スポWeb
降板するヤクルト・石川(左)東スポWeb

 嫌なムードが漂い始めた。ヤクルトは23日の巨人戦(東京ドーム)に1―11で大敗した。投打がかみ合わなかった。先発の石川は立ち上がりで崩れた。20年目でプロ入り最短の0回1/3を被安打4、4失点でKOされた。

 2番手の大西、続く石山は無失点でつないだが、5回に4番手で登板した勝ちパターンの今野が2失点。5番手・田口も1失点し、6番手の星は4四球が絡んで2回4失点した。計6投手で被安打11、失点も11と投手陣が総崩れだった。

 さらに打線もつながらなかった。巨人先発の菅野を攻略できず5回までに散発2安打がやっと。得点は4回一死で村上、サンタナの連続二塁打で挙げた1点だけだった。19日の阪神戦から引き分けを挟んで3連敗。自力で優勝マジックを減らすこともできなかった。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ