巨人・岡本和が審判に頭部から激突も…トレーナーを〝肩叩き〟でプレー続行

2021年10月23日 16時06分

三塁塁審に激突した巨人・岡本和(東スポWeb)
三塁塁審に激突した巨人・岡本和(東スポWeb)

 巨人の主砲・岡本和真内野手(25)が23日のヤクルト戦(東京ドーム)で、さすがの頑健ぶりを見せつけた。

 場面は4回の三塁守備。一死二塁のピンチでサンタナの打球は三塁線を破られ適時二塁打となり、3点差に迫られた。岡本和は打球を追いかけた際、三塁塁審に頭部から激突。しばらく転倒したままで起き上がった後も頭を抑え、気にする素振りをみせていた。

 主砲にアクシデントが起きればチームの一大事。ベンチからはベテランのトレーナーがダッシュで駆けつけると、当の岡本和はケロリとした表情。心配して飛んできたトレーナーの肩を〝大丈夫だ〟と言わんばかりにポンポンと叩き、ベンチに引き返させた。

 その後、二死二塁となってからオスナの三ゴロを無難に処理。ベンチに戻ると元木ヘッドらに笑顔でイジられていた。

関連タグ:

ピックアップ