広島が相手のミスを逃さず一挙7得点 勝ち越し適時打の坂倉「みんながつないでくれた」

2021年10月21日 21時38分

7回、勝ち越し適時打を放つ坂倉(東スポWeb)
7回、勝ち越し適時打を放つ坂倉(東スポWeb)

 逆転CSに執念を見せた。広島は21日のヤクルト戦(神宮)の7回、打者一巡11人の猛攻で逆転に成功した。

 先発のエース・大瀬良がKOされ、3点ビハインドで迎えたこの回。先頭の8番・会沢が右前打、代打長野が四球で好機を作ると1番・宇草が中前打。ここでヤクルト中堅・塩見が打球を後逸すると、隙を見逃さず宇草は一気に本塁に激走。同点に追いついた。

 負ければCS進出が限りなく厳しくなる大事な試合、相手に流れた嫌な空気をしっかりと活かした。さらに小園、鈴木が単打を放ち一死一、三塁とすると、5番・坂倉が右前に勝ち越し適時打。続く菊池も適時打を放つと二死一、二塁の場面でこの回2打席目の会沢が右越え適時二塁打で突き放した。

 終わってみれば打者11人で7得点。10―6と試合をひっくり返した。

 勝ち越し適時打を放った坂倉は「打ったのはチェンジアップ。みんながつないでくれたので続くことができて良かったです」と振り返った。

関連タグ:
 

ピックアップ