ソフトバンク・長谷川が現役最終戦へ 試合前に球団内を沸かせたキムタクからの祝花

2021年10月21日 18時40分

キムタクから長谷川に贈られたスタンド花(東スポWeb)
キムタクから長谷川に贈られたスタンド花(東スポWeb)

 ソフトバンク・長谷川勇也外野手(36)が、21日の日本ハム戦(ペイペイ)で現役最後の試合に臨む。

 チームにCS進出の可能性が残っているとあって、本人の意向により出場は展開次第になるが、試合後には引退セレモニーが用意されている。

 ペイペイドームの通路には祝花がズラリ。ほとんどがプロ野球関係者の中で、ひと際目を引いたのが元SMAP・木村拓哉からのものだった。

 過去にキムタクがラジオで明かしているところによると、2014年11月にペイペイドーム(当時・ヤフードーム)で行ったコンサートに当時エースだった摂津正氏(現・野球評論家)や長谷川が見に来ており、縁もあってライブ後に一緒に食事をしたのだとか。

 その場でかわしたという言葉の通りに、翌2015年には摂津氏も長谷川もSMAPの曲を登場曲にしている。

 振り返ればキムタクは2019年に行われた摂津正氏(野球評論家)の引退セレモニーにも花を贈っていた。意外な〝大物〟の名前に球団内も試合前から大盛り上がりだった。

関連タグ:
 

ピックアップ