広島・佐々岡監督が憤慨「何のためのリクエストか」 〝疑惑ジャッジ〟巡りネットも炎上

2021年10月19日 00時02分

佐々岡監督の怒りは収まらなかった(東スポWeb)
佐々岡監督の怒りは収まらなかった(東スポWeb)

 広島・佐々岡真司監督(54)が18日の試合後、この日行われた阪神戦(甲子園)のジャッジについて球団側にNPBへの意見書提出を求めたことを明かした。

〝微妙なワンプレー〟で反撃の流れを絶たれた。2点を追う8回に代打・長野の中前適時打で1点を返し、なおも無死一塁から代打・会沢がライナー性の打球を左翼前方へ。これを相手の左翼手・板山が打球を地面スレスレでキャッチ(?)し、代走の大盛も一塁から大きく飛び出していたためダブルプレーで二死となった。

 佐々岡監督はすぐさまリクエストを要求したものの、覆らず判定通りに併殺打となり、後続も倒れて1点止まり。この回は2番手・岩崎に無死から連打を浴びせ、ようやく反撃を開始したタイミングだっただけに無念のジャッジとなっていた。 

 ただ、くだんのシーンは角度によって板山がワンバウンド後に捕球していたようにも見えることから、ネット上やSNS上でも「アウトじゃないのか」などと多数のコメントであふれ返り〝炎上状態〟となっている。

 問題のリクエストシーンについて問われた佐々岡監督は、あらためて「球団の方にはそういう(意見書提出の)お願いをしたので、あとは球団の方で判断することになると思います」と述べ、さらに「試合中はあれ以上言っても覆ることはなかった。ただ、審判に映像を見てもらったわけだから、何のためのリクエストだったのかとなってしまう」と続けた。

 そして「この大事な時期にこの判定だからね。そもそもジャッジも遅い。1点を争う大事な時期だけに…」ともコメント。

 3位・巨人を2・5差まで迫っていた広島が逆転CS進出を目指す上で、この日の黒星はただの一敗とは大きく意味合いが異なる。球団側は現時点でNPBへ意見書を提出する方針とはしていないものの、慎重に検証する構え。指揮官からの要望を受け、今後どのような対応をとるのか注目される。

関連タグ:

ピックアップ