鷹デスパイネ 転倒からの逆方向弾「しっかり自分のスイングできた」

2021年10月16日 16時52分

ソフトバンク・デスパイネ(東スポWeb)
ソフトバンク・デスパイネ(東スポWeb)

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が、16日のロッテ戦(ZOZOマリン)で8号アーチを放った。

 この日は4番・DHでスタメン出場。7回にロッテの4番手・ハーマンの148キロ直球を逆方向に運んだ。豪快な一発を振り返ったデスパイネは「集中して打席に入れたよ。しっかり自分のスイングができたと思う。チームもいい展開で試合を運べているし、追加点を取ることができて良かったよ」とコメントした。

 初球のカーブをファールした際には、自らの豪快すぎるスイングにより大転倒。左ヒザを手で押さえるなど、通訳やトレーナーらが駆け寄り心配もされた。その打席で放ったさすがの一打だった。

関連タグ:
 

ピックアップ