担当スカウトが予言! 鷹ドラ5右腕・大竹風雅は「2年後には取れない選手になる」

2021年10月16日 06時15分

数年後、PayPayドームの主役となれるか(東スポWeb)
数年後、PayPayドームの主役となれるか(東スポWeb)

 ソフトバンクからドラフト5位指名された東北福祉大の大竹風雅投手(22)が15日、仙台市内の同大で指名挨拶を受けた。昨秋に右ひじをクリーニング手術して、仙台六大学リーグの通算成績は登板2試合、計2イニング。実績度外視のソフトバンクらしいドラフトで話題をさらった。


「育成指名でもうれしいと思っていました」とドラフト当日を振り返った右腕は改めて支配下スタートを喜びつつ、立身出世を誓った。角度のある最速152キロの真っすぐにフォーク、縦のカーブ、スライダー、カットボール、ツーシームと多彩な変化球を操る。落差のあるフォークが大きな武器で、千賀に憧れる22歳は「いかに真っすぐに見せて打者をだますかを追求しているので、千賀さんに聞いてみたい」と早くもエースに弟子入りを志願した。

 伸びしろ十分でポテンシャルの高さを評価されての指名だった。福島・光南時代は控え投手で本職は二塁手。「投げるのが好きだった」と東北福祉大進学後に投手一本で勝負した。

 高校時代から右腕を追い続けてきた作山スカウトは「(他の候補選手よりも)一番多く見てきた選手。社会人に進んで2年後のドラフトだったら取れない選手になると思った」と将来性を見込んだ。福山アマスカウトチーフは「我々は実績も評価の指標に入れるが、受け継がれてきた球団の系譜としてスカウトの意見を信じるというのがある。育成指名ではなく、我々の評価を基準に支配下指名した」と〝鷹の矜持〟を示した。

「先発でもリリーフでも与えられた仕事で、自分の実力を出せる投手になりたい」。ソフトバンクにまた一人、ロマンあふれる選手が加わった。

関連タグ:

ピックアップ