広島・栗林 32セーブ目&球団新の15試合連続セーブ「周りのおかげで投げられている」

2021年10月13日 00時15分

記録を更新した広島・栗林(東スポWeb)
記録を更新した広島・栗林(東スポWeb)

 また記録を塗り替えた。広島の栗林良吏投手(25)が12日のDeNA戦(マツダ)に3―0の9回に登板。先頭・佐野には四球を与えたが、続く同じルーキー・牧を右飛とした。そして宮崎は空振り三振、ソトを二ゴロに打ち取った。

 これで新人では歴代単独2位の32セーブ目。そして15試合連続セーブで1991年の大野豊氏を抜き球団新記録を更新した。栗林は「この連続というのはチーム状況もあるし、監督さんの起用もある。チームが9回まで接戦で勝ちでもってきている。周りのおかげでセーブシチュエーションで投げられている」と話した。

関連タグ:
 

ピックアップ