26試合連続安打で〝世界の王〟超えの巨人・松原は「毎日、必死」

2021年10月12日 22時08分

6回に右前打を放った松原
6回に右前打を放った松原

 12日の阪神戦(東京ドーム)で巨人・松原聖弥外野手(26)が26試合連続安打を放った。1968年の王貞治を抜き、球団歴代単独3位の記録となった。

 6回の第3打席で相手先発・青柳から右前打を放った松原は「毎日、塁に出るために必死です」と汗をぬぐうと、「明日も打てるようにしっかり準備したいです」と意気込んだ。

 次の目標である球団歴代2位の2008年・ラミレスの27試合まであと1試合に迫った。さらに球団歴代1位である1976年・張本の30試合もいよいよ視界に入ってきた。

関連タグ:
 

ピックアップ