【ドラフト会議】日本ハム1位・達孝太はダルに心酔 「大谷さんはすごいのはすごいけど」

2021年10月11日 20時34分

ダルビッシュへのあこがれを明かした日本ハム1位の達孝太(東スポWeb)
ダルビッシュへのあこがれを明かした日本ハム1位の達孝太(東スポWeb)

 日本ハムから1位指名の達孝太投手(17=天理)は〝天理のダルビッシュ〟として甲子園で注目されたが、会見の席でも理想の投手としてダルビッシュ(パドレス)、バウアー(ドジャース)、シャーザー(ドジャース)の名前をあげ「この3人を3で割った投手になりたい」とキッパリだ。

「ダルビッシュさんはボールの操り方と力強さが魅力的。シャーザーは力感のないフォームからメジャートップの(ボールの)回転数を投げるのがすごい。バウアーは野球に対する考え方をリスペクトしています」と説明。特にダルビッシュに心酔しており、動画を見まくってトレーニングの参考にしている。

 しかし、そこに二刀流で歴史的な活躍を見せた大谷(エンゼルス)は入っていないようで「すごいのはすごいけど、投手としての迫力はないと思ってる。ダルビッシュさんがアグレッシブさがあると思っている」。ダルビッシュへのリスペクトはゆるぎないようだ。

関連タグ:
 

ピックアップ