広島・栗林 14試合連続セーブで31セーブ「暢仁に勝ちがついてなかったので」

2021年10月10日 21時05分

きっちり9回を締めた広島・栗林
きっちり9回を締めた広島・栗林

 ルーキーがまたも記録だ。広島のドラフト1位・栗林良吏投手(25)が10日の巨人戦(マツダ)で3―1の9回に登板。先頭の大城を空振り三振、代打・ウィーラーを二飛とした。松原には四球を与えたが、吉川尚を二ゴロに打ち取った。

 広島では1991年の大野豊の14連続試合セーブの記録に並んだが「そんなに気にしてなかった。連続セーブよりは(森下)暢仁が勝ちがついてなかったので。勝ちで終われて良かったです」と話した。また、新人の31セーブは90年の与田剛(現中日監督)に並ぶ2位タイとなった。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ