「年にあるかないかのプレー」巨人・原監督が4番・岡本和の走塁にピシャリ

2021年10月09日 18時41分

二塁を「空過」しアウトになった巨人・岡本和はこの表情(東スポWeb)
二塁を「空過」しアウトになった巨人・岡本和はこの表情(東スポWeb)

 巨人の原辰徳監督(63)が岡本和の走塁に苦言を呈した。

 9日の広島戦(マツダ)、4点を追う6回無死一塁で丸が放ったのは左翼越えの大飛球。だがこれを左翼・西川が背面キャッチで好捕されると、二塁を回っていた一走・岡本和は慌てて帰塁した。しかし、悠々セーフのタイミングも、戻る際に二塁を踏んでおらず(=空過)、広島のアピールもあってアウトとなった。

 原監督は「年にあるかないかのプレー」と振り返ると「いろんなものが出てしまうというね。そこは、みんなで押しのけないとね」と負のスパイラル払拭を願っていた。

関連タグ:

ピックアップ