巨人・松原が球団歴代単独4位の24試合連続安打 初回の第1打席でマーク

2021年10月09日 14時21分

巨人・松原聖弥(東スポWeb)
巨人・松原聖弥(東スポWeb)

 巨人の切り込み隊長が絶好調だ。松原聖弥外野手(26)が24試合連続安打を放った。

 9日の広島戦(マツダ)に「1番・右翼」で出場した松原は初回、先発・高橋昂の5球目、141キロ直球を右前へ弾き返した。

 これで松原の連続安打は24試合に伸びた。2007年小笠原道大、2016年阿部慎之助を抜き、球団歴代単独4位に躍り出た。1968年に記録した、歴代3位の王貞治まであと1試合に迫った。

 前夜には元木ヘッドから「成長しているし頑張っているし。すごいね」と絶賛された松原が4連敗中と元気のないチームに勢いをつける。

関連タグ:
 

ピックアップ