巨人が散打で4連敗… 原監督「勢いが付きそうだけどなかなかというところ」

2021年10月08日 22時35分

巨人・原監督
巨人・原監督

 4試合ぶりの先制点を取ったものの…。巨人の原辰徳監督(63)ら首脳陣が、2―6で敗れた広島戦(マツダ)後、散打に終わった打線に苦言を呈した。

 再三のチャンスを無駄にした。序盤こそ、初回に松原の初球先頭打者弾で4試合ぶりとなる先制点、2回にはウィーラーの適時打などからさらに1点を追加したものの、打線がつながりを見せたのはそこまで。

 5回には二死一、三塁のチャンスを作ったものの丸が凡退。以降は点差が開いたまま、反撃の糸口も見いだせなかった。

 これには原監督も「2点取ったからということでほめられるものではないとは言えね、なんとなくこう勢いが付きそうだけれど、なかなかというところだよね」と複雑な心境を吐露。

 元木ヘッドコーチも「1回、2回といい形で点がとれたんだけどね。そこから続かないし、いい形には徐々になってくると信じているんだけどね。今までよりはいい形になっているんじゃないか」としながらも「次の1点、次の1点、というのを意識を高く持っていかないとだめだね、今は。3、4点目は今は簡単に入る感じではなかったから。〝次の1点〟という気持ちで次やっていくしかない」と課題を明かした。

 これでチームは4連敗。この日の反省を糧にするしかない。

関連タグ:

ピックアップ