燕虎首位攻防戦 阪神の4番・大山が4回に21号ソロ

2021年10月08日 19時57分

2戦連続の1発を放った阪神・大山
2戦連続の1発を放った阪神・大山

 阪神・大山悠輔内野手が8日のヤクルト戦(神宮)の4回に2戦連発となる21号ソロをマークした。

 絶対に落とせない首位攻防3連戦の初戦。序盤で2点のビハインドを背負う苦しい展開でチームを鼓舞したのはやはり4番のバットだった。

 4回二死無走者フルカウントから、奥川の投じた5球目ストレートを一閃すると白球は右翼席へ一直線に着弾。1―2と1点差に詰め寄る価値ある一撃に、背番号3も「しっかり打席の中で攻めていった結果がホームランになって良かった。遥人も粘って抑えてくれていますし、ここからなんとか援護して、逆転できるように頑張ります」と表情を引き締めた。

関連タグ:

ピックアップ