巨人・原監督が二盗失敗の松原を〝公開説教〟 チーム再建につながるか

2021年10月07日 05時15分

ベンチで松原に〝説教〟する原監督
ベンチで松原に〝説教〟する原監督

 3位の巨人は6日のヤクルト戦(神宮)に0―3の零封負けを喫し、首位まで7・5ゲーム差に遠のいた。リーグ3連覇はもはや風前の灯となった一方で、ポストシーズンを勝ち抜く上でのチーム再建は急務の情勢。原辰徳監督(63)が繰り出す「アメとムチ」のタイミングも今後の命運を左右しそうだ。

 打線のテコ入れも実らなかった。この日は状態が上向きつつあった丸が約1か月ぶりに5番に復帰。1、2番の松原と若林が計4度出塁したものの坂本、岡本和、丸の中軸トリオが機能せず、丸は3三振に終わった。4回以降は得点圏に走者を進められないばかりか、6回からは出塁すらできなかった。試合後、原監督は「やっぱりクリーンアップという部分でしょうな」と苦言を呈さずにはいられなかった。

 もはやV3は絶望的。とはいえ、CS突破を含め逆転での日本一への望みは残す。そのための態勢づくりは今からでも築き上げていく必要がある。そんな中でこの日は原監督が試合中のベンチで積極的な動きをみせた。初回の攻撃で四球を選んだ後、二盗に失敗していた松原を2回の攻撃前に〝公開指導〟。松原は直立不動で話に耳を傾け、気になる内容は「あれはバッティングの部分。別に走塁のことではないですね」(原監督)という。

 最近では、指揮官が衆人環視の下で特定の選手を試合中に指導することはマレとなっていた。順調に滑り出した後半戦再開後の8月中旬には自らマウンドに足を運んで「悪かった」と投手交代を告げる気遣いをみせたことも…。それが得点力不足に陥った9月以降は「チーム全体がノビノビとやっていない」とベンチ内で大きな動きをみせる機会は減っていった。チーム関係者は「選手たちは監督の動きを常に見ている。内容はどうあれ、監督の動き一つでベンチ内の雰囲気が変わってくる。そういうこともあって、あえてあまり動かないようにしていたのでは?」と推測していた。

 ただ、現在のチーム状態は最悪。立て直しに向けて指揮官が直接的に動くべきなのかどうかの正解は見えてこない。

 公式戦の残りは13試合。原監督はナインに対し「ベストを尽くすということが非常に重要なことでね。先のことなんていうのは誰にも分からないことだから。今日のゲーム、1打席、1球というものを大事にするということですよ」と心構えを説いた。傾いたチームをどう修正していくのか、腕の見せどころだ。

関連タグ:

ピックアップ