広島・九里がトップタイの11勝目「もっといいピッチングができるよう準備したい」

2021年10月06日 23時29分

11勝目をあげた九里(東スポWeb)
11勝目をあげた九里(東スポWeb)

 広島・九里亜蓮投手(30)が6日の中日戦(バンテリン)で6回3失点と好投し、チームに7ー3の勝利を呼び込んだ。九里はこれで11勝目。阪神・青柳、巨人・高橋と並び最多勝争いでトップに立った。

 チームは4連敗中だっただけに「何とかチームが勝てるようなピッチングをと思ってマウンドに上がりました」と気合十分の投球だった。5回には渡辺の打球がワンバウンドで右手首を直撃するアクシデントに見舞われた。次の大島の打席で一度はベンチに下がったが再びマウンドへ復帰。6回まで投げ抜いた。

 前回の登板で自身初の2桁勝利を記録した九里は、自己最多記録を更新。初のタイトルも見えてきた。「まあ、やっぱりタイトルというのは取りたいという気持ちはありますけど、一試合一試合まず自分のピッチングをして後から付いてくるものだと思うので。もっといいピッチングができるように準備したいと思います」。カープは残り16試合。8年目右腕がペナントレース終盤にどんな投球を見せてくれるか注目だ。

関連タグ:

ピックアップ