オリックスの連勝「8」でストップ 中嶋監督「連勝は気にしていない」

2021年10月06日 22時20分

オリックス・中嶋監督(東スポWeb)
オリックス・中嶋監督(東スポWeb)

 首位オリックスの連勝が8でストップし、2位ロッテに0・5ゲーム差に迫られた。

 6日の日本ハム戦(京セラ)は初回に1点を先制しながらも先発の山崎颯が3回に同点に追いつかれ、4回途中を4安打、3四球、1失点で降板。同点で迎えた7回には4番手の海田が一死一、三塁から西川に犠飛で勝ち越されると、二死一、三塁から近藤に右前に運ばれ、2―3と惜敗。打線の追撃もあと一歩及ばなかった。

 山崎颯は「ボールの威力自体は悪くなかった。それだけに四球を出してしまったところや修正できなかったことが悔しい」と肩を落とした。

 中嶋監督は「この時期でもあるし、取らないといけなかった」と悔しさをにじませ、連勝が止まったことには「気にしていない。明日から勝つ気持ちでいくのは変わらない」と前を向いた。

関連タグ:

ピックアップ