巨人・メルセデスが6回途中2失点降板 4回まで無安打も打線の援護なし

2021年10月06日 20時15分

ヤクルト戦で先発登板したメルセデス(東スポWeb)
ヤクルト戦で先発登板したメルセデス(東スポWeb)

 巨人のC.C.メルセデス投手(27)が6日のヤクルト戦(神宮)に先発し、6回途中2失点で降板した。

 立ち上がりからテンポよく投げ込み、4回までは無安打に封じ、許した走者は四球による1人だけ。5回に一死一塁から適時二塁打で先制され、なおも一死三塁から西浦の犠飛でこの回2点目を失った。6回に無死二塁から青木を打ち取ったところでマウンドを2番手の田中豊に譲り、無念の降板となった。

 メルセデスが最後に白星を挙げたのは、8月24日の広島戦(東京ドーム)。この日は打線の援護に恵まれず、初回は無死一塁、2回も無死一、二塁、3回は二死一、三塁のチャンスを生かせず、序盤に主導権を握ることはできなかった。メルセデスは7試合続けて白星を挙げられず、8勝目が遠い状況が続いている。

関連タグ:
 

ピックアップ