中日・柳 自己最多タイ11勝目へ5日広島戦先発 もっか三冠も「いつ食われるか分からない」

2021年10月04日 23時45分

慢心は一切ない中日・柳(東スポWeb)
慢心は一切ない中日・柳(東スポWeb)

 中日の柳裕也投手(27)が2019年にマークした自己最多勝利に並ぶ今季11勝目を狙って5日の広島戦(バンテリン)に先発する。

 4日は本拠地での先発投手陣の練習に参加。キャッチボールやダッシュなどで汗を流した。前回9月28日の巨人戦(バンテリン)では、8回1失点の好投で10勝目をゲット。今回も「僕はもう毎試合ベストを尽くせるように。それがシーズン序盤だろうが終盤だろうが、その気持ちは変わらない」と強調した。

 4日現在、防御率2・10、155奪三振、勝率6割6分7厘はいずれもリーグトップ。しかし「確かに数字を見たらいい成績が続いているかもしれないが、別に僕としては毎試合、次はやられるんじゃないか、次は抑えられるんだろうか、という不安もあるし、不安があるから練習できるし、その繰り返し」と吐露する。

 その上で「いつ食われるか分からない世界なので、毎試合そういう気持ちを持ってやっている。とりあえず目の前のことにベストを尽くして頑張りたい」と意気込んでいる。

関連タグ:

ピックアップ