中日・ロドリゲスが1球に泣く 与田監督「何が原因なのか考えていかないと」

2021年10月02日 19時52分

力投したが…(東スポWeb)
力投したが…(東スポWeb)

 中日のジャリエル・ロドリゲス投手(24)が初回の1球に泣いた。

 2日の阪神戦(甲子園)で先発し、6回1/3を5安打3失点と力投したが、今季4敗目を喫して今季初勝利はまたもお預けとなった。

 初回に浴びた一発が最後まで響いた。先頭の近本、続く中野に連打を許してピンチを招くと、3番・マルテにフルカウントから高めに浮いたスライダーを左翼席へたたき込まれ、痛恨の先制3ランを被弾した。

 2回以降はきっちりと立ち直り、7回一死で降板するまでは2安打ピッチングの快投を見せた。打線は相手先発・高橋の前に手も足も出ず完封勝利を献上し、チームは0ー3で敗れた。それだけにロドリゲスは「2回以降は自分の投球ができたが、立ち上がりをなんとか乗り切りたかった…」と肩を落とした。

 助っ人右腕の投球について与田監督は「今日はあの(初回)イニングだけがもったいなかった」と言いつつも「何が原因なのか、もう少し自分なりに考えていかないといけないところ。ただ、ボール自体はどんどん良くなっているので、ストライクを投げる確率を上げていかないと」と注文をつけた。

関連タグ:

ピックアップ