中日・藤井淳志が引退を決意 ここ2年間は一軍出場なし「16年間本当にありがとうございました」

2021年09月29日 16時32分

中日・藤井淳志
中日・藤井淳志

 中日は29日、藤井淳志外野手(40)が今季限りで現役引退を決意したと発表した。

 16年目の今季は二軍で55試合に出場し、115打数31安打で打率2割7分、0本塁打、14打点の成績を残していたが、ここまで昨季から一軍での出場機会はなかった。

 地元の愛知・豊橋東高から筑波大、NTT西日本を経て2005年の大学・社会人ドラフト3巡目で中日に入団。走攻守三拍子そろったスイッチヒッターとして活躍し、09年には自己最多の120安打を放ち打率2割9分9厘、10本塁打をマーク。17年には自己最多の128試合に出場するなど通算1093試合に出場し634安打、打率2割6分2厘、45本塁打、273打点を積み重ねた。

 藤井は球団を通じ「16年間温かいご声援、本当にありがとうございました」と感謝のコメントを述べた。

関連タグ:
 

ピックアップ