巨人・中川に続いて高木京介も…8回に福留&木下拓に2ラン浴びて悪夢の4失点

2021年09月28日 20時25分

8回、中日・福留に痛い2ランを打たれた巨人・中川(右)
8回、中日・福留に痛い2ランを打たれた巨人・中川(右)

 巨人・中川皓太投手(27)が28日の中日戦(バンテリン)で痛恨の勝ち越し2ランを浴びた。

 1―1の同点に追いついた直後の8回裏に、まさかの〝落とし穴〟が待っていた。巨人ベンチは3番・大島から始まる中日打線に対し、リリーフエース・中川を投入した。先頭・大島に三塁線への内野安打で出塁を許すも、続くビシエドは右飛で打ち取り一死一塁とした。しかし、5番・福留に投じた1ボールからの2球目のスライダーが真ん中付近に入り、右翼ポール際のスタンドまで運ばれてしまった。

 1―3となり、走者がいなくなった場面でも高橋周に中前打を許して降板。さらに、一死一塁からバトンを受け、この日一軍に昇格したばかりの高木は木下拓にも右翼ポール際に2ランを叩き込まれ、この回2被弾で4失点となった。

関連タグ:

ピックアップ