10・11ドラフトは「投手豊作」 打低投高・中日はそれでも野手を1位指名するのか

2021年09月28日 05時15分

ドラフトのくじには強い中日・与田監督(中)だが…
ドラフトのくじには強い中日・与田監督(中)だが…

【デスクと記者のナイショ話】

 デスク 中日はチーム打率2割3分8厘、358得点、63本塁打といずれもリーグワーストに低迷。前カードのヤクルト戦でも、40年ぶりの同一カード3戦連続無得点と歴史的な屈辱を味わったばかりで、貧打ぶりは相当重症だな。やっぱり10月11日のドラフト会議での1位指名は即戦力の長距離砲に決まりか?

 中日担当記者 そうとも言い切れません。球団首脳や与田監督、松永編成部長らが出席して27日に球団事務所でスカウト会議が行われ、確かに右の大砲候補として駒大・鵜飼航丞外野手(22)、上武大・ブライト健太外野手(22)、慶大・正木智也外野手(21)らを1位候補にリストアップ。しかし、米村アマスカウトチーフは野手か、投手かについて「まだどっちにするかは分かりません。前日に決定するという話になった」と明言を避けました。

 デスク 現状のチーム状態でドラ1を野手にしなくて大丈夫なのか?

 記者 明言できないのは理由があるようで…。スカウト陣の間では今年の野手ビッグ3は鵜飼、ブライト、正木とみていますが、コロナ禍でほとんど視察もできていない現況もあって、確信を持って推すのは難しいようです。今年のルーキーの阪神・佐藤輝、DeNA・牧のようにいきなり1年目から20本塁打くらい打って新人王争いするような活躍を見せるのは、何年か先になりそうだとの見立てもあります。

 デスク 今年のドラフトは野手勢は不作ということか。

 記者 そのようですね。ただ、投手の方は高校生ですが、市和歌山・小園健太、高知・森木大智、ノースアジア大明桜・風間球打の3投手が好評価です。米村チーフは「ここら辺は頭一つ抜けている。僕が感じているのは、打者よりも投手の方が優秀だと思っている。だけど、会社からそういうふうにしろと言われたら、僕らは意地張って言えないので、分かりましたというだけの話」と言いつつも「高校生でも良い投手がいるのに、それを見送らないといけないのか討論になった」と苦悩の様子を隠せません。

 デスク 中日の投手陣はリーグトップの防御率3・25を誇るだけに悩むところだな。

 記者 補強が急務ながら即戦力になれるか未知数の野手か、高校生でも競合覚悟で素材抜群の投手か、今年の中日のドラフト1位は注目です。

関連タグ:

ピックアップ