ソフト痛恨の1球…レオと5差

2012年09月06日 12時00分

サヨナラ本塁打を打たれた柳瀬

 痛恨の1球——。ソフトバンクは5日、首位・西武との直接対決・第2戦(西武ドーム)で1—2とサヨナラ負け。西武とのゲーム差が再び5に開いた。2番手・柳瀬が秋山にまさかの決勝被弾。先発・山田の力投を帳消しにした。一方でWBC監督問題の渦中にある秋山監督は、周囲の喧騒をよそに采配が当たっている。窮地からの逆転優勝へ向け、指揮官の頭脳の“冴え”は頼みの綱となりそうだ。

 1—1で迎えた9回だった。2番手・柳瀬が代わりばな、不用意な初球を西武・秋山にものの見事にとらえられた。打った瞬間、それと分かる右翼席へのサヨナラ4号ソロ。鷹ベンチはみな肩を落とした。

 先発・山田の力投を帳消しにした。4回まで毎回安打を許すも、持ち味のムービングファストボールを軸に3、4回に1併殺ずつ奪いピンチを脱出する。西武の拙攻にも助けられ中盤から立ち直ったが、山田にとってキャリアハイとなる8勝目をとりこぼした。

 ただ、WBC監督問題の渦中にある秋山監督の采配が当たっているのは心強い。前日4日には、右腕・岸に対して大方の予想を裏切り右の江川を抜てき。これがズバリ的中した。江川は同点弾を含むマルチ安打。延長10回の勝ち越しのシーンも、代打として送り込んだ中村、多村がそれぞれチャンスメーク、ダメ押し適時打で、采配がさえわたっている。藤井打撃コーチは「監督の起用が当たってるね」とうなる。

 この日も先発起用された江川は2安打。2回無死一、三塁の場面では、江川の遊ゴロの間に三塁走者が生還し、先制点を奪った。この25歳の若鷹がラッキーボーイになっている。

 指揮官は江川の抜てき理由を口にしないが、8月に二軍で本塁打を量産していた好調も起用の一因のようだ。選手起用は過去の実績、ネームバリューにとらわれない方針を一貫している秋山監督。WBC監督問題の“主役”になってもブレがない。チーム関係者は「勝負どころの9月で、しかも大事な西武戦。そこにきてWBC監督問題もあるのに、ペナントに集中してる。さすがだね」と厚い信頼を寄せている。

 この日は4位・ロッテも敗れたため、Bクラス転落を免れたソフトバンク。だが、目指すのはもちろんリーグ3連覇だ。今日6日には左腕エースへ上り詰めた大隣が先発。必勝体勢で勝ち越しを目指す。