巨人・梶谷が二軍戦で2か月ぶりの実戦復帰 即タイムリーで復調アピール

2021年09月25日 15時30分

7月10日の阪神戦で死球を受けた巨人・梶谷(東スポWeb)
7月10日の阪神戦で死球を受けた巨人・梶谷(東スポWeb)

 右手骨折から77日ぶりに実戦復帰した巨人・梶谷隆幸外野手(33)がさっそくタイムリーを放った。

 25日のイースタン・リーグ、DeNA戦(横須賀)に「1番・DH」で出場した梶谷は2回、二死二塁で迎えた打席で中前適時打。「良い追加点になって良かったです」とコメントした。

 梶谷は1回の第1打席でも左前打を放っており、2打数2安打1打点。好調ぶりをアピールした。

 背番号13は7月10日の阪神戦(甲子園)で死球を受け右手中指を骨折。必死のリハビリで実戦に復帰した。逆転でのV3を狙う一軍へ早期合流を目指す。

関連タグ:
 

ピックアップ