ソフトバンク勝ちパターン投入も裏目 モイネロに続き守護神・森も痛恨被弾

2021年09月24日 21時57分

ソフトバンク・工藤監督
ソフトバンク・工藤監督

 パ・リーグ4位のソフトバンクは24日の日本ハム戦(ペイペイ)に1―4で敗れ、連勝が3で止まった。打線が相手先発・上沢の前に8回まで散発3安打に封じられてわずか1得点。終盤に逆転を信じてモイネロと森の勝ちパターンのリリーフを投入したが、揃って被弾する結果となり裏目に出た。

 0―1の8回から登板したモイネロが近藤にソロ被弾。その裏、甲斐の一発で1―2となった直後の9回からは森がマウンドに上がったが、守護神も清水にまさかの2ランを浴びて万事休した。

 試合後、工藤監督は「彼らが打たれて負ける分はしょうがない。投手は打たれるもの。彼らのおかげで勝ってきた試合も多い」とかばい、前を向いた。

 この日、3位楽天が2位オリックスに勝ち、楽天とのゲーム差は再び3に広がった。首位ロッテは敗れたため、首位とのゲーム差は7のままとなった。

 前回のカードから最下位に沈む日本ハムに取りこぼしが続くホークス。逆襲の機運を削がれないためにも連敗だけは避けたい。

関連タグ:

ピックアップ