8打席連続出塁と絶好調 鷹デスパイネが4号2ラン「流れを変えようと打席に入った」

2021年09月20日 14時23分

デスパイネ(東スポWeb)
デスパイネ(東スポWeb)

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(35)が、20日の楽天戦(楽天生命パーク)で反撃のノロシを上げる4号2ランを放った。

3点を追いかける4回、一死一塁で田中将大投手のツーシームを左中間スタンドに突き刺した。

「ビハインドの展開でなんとか流れを変えようと打席に入ったよ。自分のスイングでしっかり捉えることができた。なんとかチーム一丸となって勝ちたいし、自分も力になれるようい頑張っていくよ」。

 デスパイネは前日19日の同カードでも3打数3安打1四球と当たっており、この日も1打席目に中前打を放っている。16日のロッテ戦(ペイペイ)の第3打席から1四球を含めて8打席連続出塁となった。

 当たりの止まっている打線の中で存在感を発揮している。

関連タグ:
 

ピックアップ