巨人に惨敗…勝敗分けた2回の前進守備 阪神・矢野監督「次もピッチャーやったしね」

2021年09月19日 22時18分

2回、吉原に3ランを浴びたガンケルはガックリ
2回、吉原に3ランを浴びたガンケルはガックリ

 セ・首位を走る阪神は19日の巨人戦(甲子園)に1―8で惨敗。2位・ヤクルトとのゲーム差は1・5に縮まった。

 甲子園での今季最後の巨人戦は、無残なワンサイドゲームで終わってしまった。勝敗を分けたのは幸先よく1点を先制した直後の2回の守備。亀井、丸の連続安打などで一死二、三塁のピンチを背負うと、続く大城の打席で阪神ベンチは前進守備を選択。大城の放った当たりは二塁・糸原の正面近くへ飛んだが、これを糸原が捕球しそこね打球は中前へ。三走・亀井、二走・丸の生還を許し、あっという間に1―2とゲームをひっくり返された。

 悪い流れは止まらない。なおも一死一塁とされると、次打者・菅野の放った当たりは投手正面へ。これを捕球したガンケルは1―6―3の併殺を狙い二塁へ送球したが、今度はこれを遊撃・中野がキャッチできず失策。一、三塁とすると次打者の吉川尚に戦局を大きく決定づけられる5号3ランを献上してしまった。

 矢野監督は試合後、勝敗を分けた2回の守備について「次もピッチャーやったしね。(ガンケルは)ゴロを打たせるピッチャーやし」と言及。8番大城、9番菅野と下位へ続く打順に加え、ガンケルがゴロで打者を打ち取るタイプのピッチャーであることも考慮に入れた上での決断だったと説明した。

 直近5試合で合計8得点しか挙げることができていない打線は反発力を欠き、2回以降はスコアボードにゼロを刻み続けた。指揮官も「4番以降のバッターが状態が上がっていない。何とかやりくりしたいんですけど…。考えます」と打線のテコ入れ策が急務だとの見解を示す。2回8安打7失点の内容で降板したガンケルの次戦についても「ちょっと今から考えようかな」とした。

関連タグ:

ピックアップ