中日・大野雄が阪神叩きに気合 プロ3度目のスライド登板に「頑張ります!」

2021年09月17日 20時44分

室内で調整した中日・大野雄
室内で調整した中日・大野雄

 首位・阪神叩きにエース左腕が燃えている。中日の大野雄大投手(32)が18日の阪神戦(甲子園)で今季初めてスライド登板する。
 
 台風14号の接近で10連戦初戦に先発予定だった17日の阪神戦(甲子園)は中止。室内練習場でキャッチボールやダッシュなどで汗を流した。

 プロ入り初めてのスライド登板は9年目の2019年5月15日のDeNA戦(横浜)だが、6回11安打7失点と大炎上して黒星を喫した。2度目となった同9月23日の広島戦(マツダ)では8回途中6安打3失点の力投を見せ勝ち負けはつかなかったものの、チームは敗戦。

 自身3連勝中の昨季、沢村賞男は「頑張ります」と三度目の正直へ向けて意気込んでいた。

関連タグ:

ピックアップ