9回サヨナラ場面で鷹・釜元が走塁死 工藤監督「次は柳田君ですよねというのも結果論」

2021年09月16日 23時22分

悔しい表情の釜元
悔しい表情の釜元

 ソフトバンクが16日のロッテ戦(ペイペイ)に1―1で引き分けた。

 終盤は何度も勝ち越しのチャンスを作った。しかし、立て続けに走塁死で得点できなかった。

 7回二死一、三塁の場面では、ハーマンのナックルカーブを捕手・田村がはじいたところで、三塁走者・甲斐が本塁に突入したもののクロスプレーでタッチアウト。工藤監督はリクエストを要求したものの判定は覆らなかった。

 さらに8回一死満塁では、今宮の右飛に三塁走者・上林が一度はスタート。右翼手の送球を見て三塁に戻ろうとしたが、本塁からの送球でアウトとなった。ここでも工藤監督はリクエストしたが判定はそのままだった。

 9回にも相手守護神・益田を攻めて二死二塁とサヨナラのチャンスを作り、川島が左前打を放った。しかし、本塁を狙った二塁走者の釜元が、前進守備を敷いていた左翼手の好返球にアウトとなった。

 9回の場面は次の打者が柳田だった。工藤監督は「アウトになったのも結果論だし、行かせたのも結果論だし、行かせなかったら次は柳田君ですよねというのも結果論だし。送球がそれるかもしれないし、そこはナイスボールを投げた向こうが良かったと思う」。

 その上で「ダメだったことを嘆くよりも、次に向けてという考え方に持っていった方が選手にとってもプラスになると思う。今日は追いつかれて勝てなかったゲームだが(先発の)マルティネスが1失点で投げたのが大きかったし、戻ってきたモイネロと森が(同点で無失点と)抑えてくれたのが8回9回の攻撃につながった。投手からリズムが作れて攻撃につなげられたという良い面がある。悪い面に目がいきそうですけど、そこではなくて、得点には結び付けられなかったけど良い攻撃ができたんでね。そこを作れるようになったのは大きいかなと思う」と前を向いた。

 ただ、これで2カード白星がない。首位・ロッテとは8・5ゲーム差。3位・楽天までも3ゲーム差と苦しい戦いをしいられている。

関連タグ:
 

ピックアップ