巨人・陽岱鋼が抹消…打率1割4分3厘でアピールならず

2021年09月12日 16時28分

登録抹消された陽岱鋼

 巨人・陽岱鋼外野手(34)が12日、出場選手登録を抹消された。

 陽岱鋼は開幕からファーム暮らしが続き、8月28日に今季初めて一軍に昇格。守備固めや代走としての起用が続き、9月7日のDeNA戦(横浜)で代打で今季の初打席を迎えた。10日の中日戦(東京ドーム)では「1番・右翼」で今季初スタメン出場。第2打席で右前打をマークしたが、安打はこの1本に終わり、打率1割4分3厘(7打数1安打)の成績で降格となった。

 この日の広島戦(マツダ)からは陽岱鋼に代わり、二軍で32試合に登板し、防御率2・15をマークした古川侑利投手(26)が今季初昇格した。

関連タグ: