オリックス優勝したらさらなる難題 イチローで経験した辛い過去

2021年09月09日 13時00分

ファンに手を振るオリックス・山本由伸

 【デスクと記者のナイショ話】

 デスク オリックスの山本由伸投手(23)が無双の快進撃だな。

 記者 東京五輪はエースとして金メダル獲得に貢献し、7、8月の月間MVPも受賞。5月末から破竹の9連勝中で、もっか12勝、防御率1・61、145奪三振とパ・リーグ“3冠”独占ですからね。手がつけられない状態です。

 デスク チームもロッテと激しい首位争いをしているし、25年ぶりの優勝も見えてきただろ。

 記者 でも…球団内では山本の動向に気をもみ始めていますよ。山本はかねてメジャー志向を抱いていますけど、挑戦するならポスティングしかありません。球団内ではこれまで「将来的には向こうに行く選手だと思うけど、チームを優勝させないとダメ。イチロー(マリナーズ)にしてもダルビッシュ(パドレス)、大谷(エンゼルス)も優勝させてから行っている。それだけ責任ある選手なんだ」と高いハードルを設定されていました。

 デスク それが本当に優勝してしまうと本気で向き合わないといけなくなるということか。

 記者 そうでなくても五輪の活躍で米国メディアは「数年のうちに入札されるだろう」「MLBキャリアの用意ができている」とこぞって絶賛しているし、スカウトたちも「今の日本の投手でメジャーでインパクトを残せるのは山本だけ」と改めて太鼓判を押しています。世間の風向きも山本の背中を押すのは間違いありません。あとは山本がどう考えるか…。

 デスク 中心選手の離脱のつらさはイチローで痛いほど経験しているだろうし、優勝したらしたで難題を抱えることになるかもしれないな。

関連タグ: