プロ野球の名実況・深澤弘さんが死去 長嶋茂雄氏は「親友でした」「本当にショック」

2021年09月08日 19時09分

ミスターもショック(東スポWeb)

 プロ野球の名実況で知られた元ニッポン放送の深澤弘さんが8日に亡くなったことが分かった。85歳だった。この日のニッポン放送「ショウアップナイタープレイボール」で発表された。

 冒頭、松本秀夫アナウンサーが「皆さまに訃報をお伝えさせていただきます。ニッポン放送ショーアップナイターの実況を長く務められ、『ミスター・ショーアップナイター』として親しまれた深澤弘さんが、本日お亡くなりになりました。85歳でした」と伝えた。

 続けて「深澤さんは東北放送を経て1964年にニッポン放送に入社。1970年代から90年代にかけて、ショーアップナイターのエースアナウンサーとして活躍、この時間も月・火・水・木・金・土・日と7日間、ショーアップナイタープレイボールをしゃべっていらっしゃいました。長嶋茂雄現役引退試合をはじめ数々の名場面を実況された」と深澤さんの経歴、ラジオ実況での〝皆勤〟実績を強調した。

 また長嶋茂雄巨人終身名誉監督は番組あてにコメントを発表。「私の現役時代から近くで見守ってくれ、公私ともに支えてくれた取材者と選手を超えた親友でした。本当にショックです。ご冥福をお祈りいたします」と盟友の死を悼んだ。

 電話出演した元阪神の江本孟紀氏は「僕は今年、解説40周年ですけど、40年前に深澤弘さんから突然電話をもらって、大阪を追い出されて路頭に迷っているときに、解説しないかと最初に声をかけてもらってニッポン放送の解説者にしてもらえた。私の40年間の解説者人生のほとんどは深澤さんに支えられたようなものですからね。今の僕があるのは深澤さんのおかげ」と恩人に感謝。それ以降は涙声になり言葉は続かなかった。

関連タグ: