中日9回にまさか…守護神5失点で逆転サヨナラ負け 与田監督「こういうこともたまにはある」

2021年09月07日 23時12分

広島・坂倉(左)にサヨナラ3ランを浴びた中日のR・マルティネス

 突然、あっけなく終わった。中日は7日の広島戦(マツダ)に7―8で逆転サヨナラ負け。誤算は絶対的守護神のライデル・マルティネス(24)だ。

 7―3と4点リードの9回に登板したが、先頭・林、安部に連続安打を許す。なんとか二死一、三塁まで持ち込むも、西川、鈴木誠に連続適時打を喫して7―5。2点差に迫られる。さらに二死一、二塁で坂倉に逆転サヨナラ3ランを浴び、万事休す。R・マルティネスは2敗目。0点台だった防御率も2・16にまで悪化した。

 ベンチであぜんとした表情を浮かべた与田監督は「これは見ての通りだね」と話し「でも、こういうこともたまにはある」とポツリ。「そんないつも素晴らしい状態ではないんで、もう切り替えるしかない」と必死で前を見つめていた。

関連タグ: