巨人・岡本和が35号3ランで阪神・藤浪を粉砕!〝新わっしょいポーズ〟も披露

2021年09月05日 20時02分

新わっしょいポーズを披露した巨人・岡本和

 巨人・岡本和真内野手(25)が5日の阪神戦(甲子園)で35号3ランをぶちかました。

 聖地の虎党が静まり返った。3点リードの5回だ。初回に中島の2ランなどで3点を先制するもなかなか追加点が奪えなかったが、背番号25のひと振りが試合の流れをグッと引き寄せた。一死一、二塁で迎えた第3打席。トラ2番手の藤浪が投じたカットボールに2球続けて空振りしたが、3度目は許さなかった。3球連続となるカットボールをとらえ、甲子園の夜空に舞い上がった打球は左翼スタンドに吸い込まれた。

 主砲のどでかい一発にベンチはお祭り騒ぎ。岡本和もバットを肩に載せて担ぐ新たな「わっしょいポーズ」を披露し、喜びを分かち合った。

 前夜は自己最多となる34号2ランを放つも、悪夢の逆転サヨナラ負け。リードを6点に広げ、一夜での首位返り咲きに大きく前進した。

関連タグ: