巨人の新外国人ハイネマンが二軍に合流「いつでも試合に出られる」

2021年09月05日 12時13分

隔離期間を終え二軍に合流したスコット・ハイネマン外野手(左から2人目)

 巨人の新外国人スコット・ハイネマン外野手(28=前レッズ傘下3Aルイビル)が5日、2週間の隔離期間を終え、二軍練習に合流した。

 背番号28の練習着姿で打撃練習と守備練習をこなすと、リモートで行われた入団会見に臨んだ。ハイネマンは「とても楽しかったです。チームに合流して歓迎されて、みんなと練習できたのは楽しかったですし最高の1日でした」と振り返った。

 現在の状態について背番号28は「状態はとてもいい。100%の状態を維持している。球団に隔離中もスペースを作ってもらって体を動かせる配慮をしてもらった。いつでも試合に出られる準備はできている」と腕をぶした。

 自身のアピールポイントについて聞かれると「ハイエナジー」とキッパリ。「アグレッシブに常にチームのために献身的にプレーするのが自分の特長。自分がチームにできることをいかに献身的にできるかだけを考えてやっていく」と具体的に説明した。今後は実戦をこなしながら、早期の一軍合流を目指す。

 最後は日本語で「アリガトウゴザイマシタ」と笑ったハイネマン。原監督も「イキがいいみたいよ」と期待する新助っ人が、巨人のリーグV3のキーマンになれるか。

関連タグ: